株式会社岸田工務店

京都・宇治で新築一戸建てを建てるなら、注文住宅の岸田工務店

ホームに戻る 家づくりの流れ TDホームの構造 TDホームの性能 プランニング・資金計画 敷地調査のお申し込み 土地情報
g_menu
       

不安を解消する家づくりQ&A

その場所に実際に家を建てられるかどうか、まず敷地調査をしてみましょう。 でも家族構成を考えた注文住宅であれば、 変形土地の方が、楽しいプランができると思います。


今から10年程前は、欠陥住宅や耐震偽装があり、会社によって強度がまちまちでしたが、 現在の住宅は、長期優良住宅を始め、耐震耐久性能はほとんどの会社が基本性能として 考えられています。ただ、万が一の場合(昔の住宅会社)も多いのでよく勉強されたほう がいいですよ。
尚、弊社では、三世代住み継げる資産価値の高い家、 TDシステムという頑強な構造で家を建てております。

詳しくはTDホームの構造をご覧下さい。


「思い通りの家を建てるには、3回建て直さないといけない」と昔からよく言われていますが、 私たちはお客様の夢や憧れをしっかりヒアリングすることでご家族みんなに満足して頂ける家をおつくりしています。


そうだと思います。
家を建てた後の光熱費は、なるべく安い方がいいですよね。 省エネハウスを選んで太陽光発電システムやエコキュートは、 基本にして最初からセットしておくといいでしょう。


家を建てる前には、必ず地盤調査を実施した方がいいでしょう。
ほとんどの工務店さんは、地盤調査の費用は、経費の中に組み込まれていることが 多いと思われますので、事前に確認してみるといいでしょう。

岸田工務店でも地盤調査を受付けております


毎月の支払いがどれ位になるかがポイントですね。
その為には、どのくらいの大きさで断熱性にはこだわりたいなどをお話頂き、 資金計画のシュミレーションで毎月の支払い額を明確にしてから、家づくりを始めた方がいいですよ。


まずは、ラフプランニングをして資金計画からスタートされるといいですね。
その為にはどんな家を建てたいか、予算はいくらで考えているかなど、工務店、住宅メーカーに伝えましょう。 ほとんどの工務店、住宅メーカーは、ここまでは無料だと思います。その時点で明確に建てるか建てないか、 考えがまとまっていれば、はっきりと伝えるべきですね。


リビングとバスルームでは、坪単価は違ってきます。
坪単価だけを見るとその価格が適正かどうか分からない場合もあります。 なので、仕様明細や諸経費、税金が入っているか等もチェックして総額を 見るのも大切だと思います。


メリット
・呼吸する素材なので、調湿効果や消臭効果などがあります。
・木の香りには精神安定効果があり、ストレスを抑制する働きもあります。
・自然素材ならではの温もりや風合いを楽しめます。

デメリット
・呼吸しているので、素材に反りや縮み、割れ等が生じます。
・傷が付きやすく、日焼けも起こしやすいです。
・価格は、新建材よりも高くなりますが、費用対効果を考えると決して高く ないのではないでしょうか。

以上のように、メリット・デメリットはありますが、自然素材を使うかどうかはお客様が決めて頂くことになりますね。


どちらかというと不動産会社に行く方が多いですね。
その場合は、土地を先に決めてしまうと家の予算が少し足らなくなる場合が出てきます。 なので、建築屋さんに土地と建物セットで動いてもらった方が良いと思います。土地は、 利便性や校区の良い地域は、金額が高くなり、家に予算がかけられなくなります。 又、郊外の土地や変型の土地は、安くその分家に予算がかけられます。どちらが正しいとは言えませんが、 どちらかというと長年その家で大切な家族が暮らす事を考えれば、家に予算をかけられた方がよいと思います。


 

TOPに戻る